MATCH REPORT
試合レポート

2022/06/01

【第3節 SARAYA COCCO vs Lib-Gate BEAT】

SARAYA COCCO 1 ー 2 Lib-Gate BEAT

5月21日(土) 13:50 開始 墨田区総合体育館



【第1セット】
COCCO 5番 佐藤(=> 1番 高橋) / 4番 平井 (=> 2番 田中)/ 3番 小林
BEAT 4番 内藤 / 3番 三枝 / 1番 佐藤(=> 5番 林)

セパタクローのサーブ

COCCO 4番 平井がサーブで相手を崩し、序盤から試合を優位に進める。
対するBEAT 1番 佐藤はなかなかサーブが走らず、BEATにとっては苦しい展開が続く。

セパタクローのアタック
COCCO 小林選手

さらに途中から入ったCOCCO 1番 高橋はトサー小林がネット側に寄せるトスに対してしっかりアタックを決め得点を積み重ねる。
BEATは相手のアタックを止められず、流れはCOCCOのまま中盤に差し掛かる。

BEAT 林選手

BEATはサーバーを 5番 林に交代し流れを変えようとするが、序盤の点差を詰めることができず第1セットを13 ー 21で落とす。


【第2セット】
COCCO 1番 高橋 / 2番 田中(=> 4番 平井)/ 3番 小林
BEAT 4番 内藤 / 3番 三枝 / 1番 佐藤
BEAT 佐藤選手

セパタクローのアタック
第2セットは両チームの安定したプレーが光り、追いつき追いつかれのシーソーゲーム。
セット中盤、BEAT 1番 佐藤が徐々に本来のスピードあるサーブを取り戻し相手を崩しサービスエースなども決まると、その勢いに乗りBEATが21ー16で第2セットを奪い返す。

セットカウント1ー1。第3セットのタイブレークにて決着が付くことに。

【第3セット】
COCCO 1番 高橋 / 2番 田中(=> 4番 平井)/ 3番 小林
BEAT 4番 内藤 / 3番 三枝 / 1番 佐藤
セパタクローのサーブ
セパタクローのブロック
第3セットは序盤から相手のサーブを抑え自分たちの良い形からリズムを作るBEAT。
また、相手アタックをブロックするなど攻守にわたって作戦が冴える。
一方COCCOはサーバーを平井、田中と相手のリズムを崩そうと巧みに戦術を変えるがなかなか崩すことができないい。

序盤の勢い変わらず、BEAT 1番 佐藤のサーブの勢いが増す。
COCCOもタイムアウトで流れを切りたいが、点差を詰めることができない。

BEAT 三枝選手

BEATは手を緩めることなく点を積み重ね、第3セットを21ー9で獲りセットカウント2ー1でBEATが勝利した。

<アタッカー 内藤菜音選手よりコメント>
苦しい場面もありましたが、何とか乗り越えようとチームで声をかけ合い、最後はBEATらしく、自分たちのリズムを取り戻し勝ちに繋げることができました!
お足元が悪い中、会場まで足を運んでくださりありがとうございました!皆様の応援が大きな力となり、掴めた勝利だったと思います。
私たちLib-Gate BEATは、いよいよ今シーズン残すところ、7月の第5節のみとなりました。最後まで全力で戦い抜きます!
応援よろしくお願いいたします!!


女子は今節で総当たりが終わり、1位 Lib-Gate BEAT、2位 B.V.D. Trinity、3位 SARAYA COCCO となった。
第4節は2位 B.V.D. Trinityと3位 SARAYA COCCOの対戦カードとなる。

アーカイブ配信はこちらから